外国人技能実習,ビザ,要件
トップページ
外国人,技能実習ビザ,申請
外国人技能実習ビザ
とは
技能実習1号イ(1年目)の受入れ要件
技能実習2号イ(2・3年目)への在留資格変更の要件
技能実習1号ロ(1年目)の受入れ要件
技能実習2号ロ(2・3年目)への在留資格変更の要件
外国人技能実習ビザに関する当社のサービス内容
技能実習1・2号ロの受入機関(中小企業等事業協同組合)になるには
中小企業等事業協同組合を設立するには
   
外国人,技能実習ビザ,申請
会社案内
依頼するメリット
報酬表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


技能実習ビザの申請ならサポート行政書士法人にお任せください!

技能実習1・2号ロの受入機関(事業協同組合)になるには?

外国人技能実習生受入事業の開始までの流れは以下のようになります。

1.中小企業等事業協同組合の設立
 (詳しくは専門ページへ)




2.設立後、約1年間の組合としての活動実績作り

※事業協同組合設立後に外国人技能実習生受入事業を直ぐに行うことは出来ません。事業協同組合が同事業を開始するためには、通常、約1年以上の事業協同組合としての活動実績が求められます。



3.事業報告書提出(各監督官庁)

※監督官庁は組合員の職種によって増減します。



4.定款変更認可手続(各監督官庁)

※外国人技能実習生受入事業を事業協同組合の事業として開始するためには、
の文言を入れる必要があります。
・「組合員のためにする外国人技能実習生共同受入れ事業」
・「外国人技能実習生共同受入れに係る職業紹介事業」



5.無料職業紹介事業届出(労働局)

※事業協同組合が日本に呼び寄せた外国人技能実習生を組合員に紹介するには無料職業紹介事業の届出が必要です。
※無料職業紹介事業届出手続については、当社提携社会保険労務士が行い
ます



6.技能実習ビザの申請(入国管理局)


当社のサービス内容

@:一貫サポート

事業協同組合設立から外国人技能実習生受入事業導入の手続についても一貫してサポート致します。

A:実績作りに関するアドバイス

事業協同組合設立後に求められる約1年間の実績作りについてもアドバイス させていただきます

B:外国人技能実習生のビザ申請を代行

外国人技能実習生のビザ申請のご対応も可能です。

C:実習生受入後も各種サポート

外国人技能実習生受入後の最初の研修で求められる法的保護研修や、入国管
理局への定期報告書の作成・届出などへ外国人実習生受入後も充実した各種
サポートを設けています。


外国人技能実習,ビザ,要件
外国人技能実習,ビザ,要件 外国人技能実習,ビザ,要件 外国人技能実習,ビザ,要件 外国人技能実習,ビザ,要件 外国人技能実習,ビザ,要件 外国人技能実習,ビザ,要件